とよたプレーパークの会が携わる冒険遊び場「プレーパーク」の様子や活動を紹介します★(とよたプレーパークの会は愛知県豊田市で活動している団体です)
by tppk

ホームページ
【とよたプレーパークの会】【プレーパーク】についての詳細は
こちらをご覧ください。
写真をクリックしてね!


携帯サイト
こちらをご利用ください

(cmanで作成しました)

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
四角い箱の正体は・・・?!
今日はいいお天気。
体調がイマイチの末っ子を旦那さんに託し、珍しく身軽で坂道を登っていくと、話に聞いていたトウモロコシと柿の差し入れが私を待っていました~。(ひろえさん、いつもありがとうございます!!)
a0092455_23133063.jpg

今日は1日トウキビ屋さん、せっせと焼かせてもらいましたョ。
火は飽きないですね~。
これからの季節は特に、離れられなくなります。
トウモロコシも、焼いて、しょうゆをつけて、さらに少し焼いて、食べると・・・
サイコー!!


うちの娘の同級生くん、何度か友達と来ていたけれど、今日はパパと2人でやって来ました。パパが袋から取り出していそいそと準備を始めたものは・・・燻製器!
網の上に、チーズと、つまようじに刺したウズラの卵、今日は試しにとカニカマボコを置いて、下に火をつけた固形のチップをセット。
「今日は急にココに来るって言い出したから出来なかったけど、ウズラはダシ醤油に一晩漬けておくとサラにおいしいよ」と説明しながらパパの準備は進みます。

(同級生くんの「ココに来たい」っていう気持ち、嬉しいですね。急にココに来たいと言う子どもの気持ちを尊重したパパ、送り出してくれたママの気持ちも嬉しいです~。)
a0092455_23144114.jpga0092455_23171724.jpg


火のスペースにセットして「今から2時間くらいかな」とパパ。

プレーパークでは、火のスペースを決めてあります。
これからの季節は特に、まわりの物に火が燃え移りやすいこと、そして、火の周りでの怪我は大きいものになる可能性があることから、プレーリーダーや世話人、来場者さんが気にかけられるよう、火のスペースは常に大人の目が届くようにしています。
さらにプレーリーダーは「子どもが自分の中からむくむくとわいてきた「やりたい!」と言う気持ちの邪魔はしないように」ということも大切にしています。
火をつけたい!べっこう飴を作りたい!これを燃やしてみたい!夢中になるとまわりが見えにくくなる子ども達、大きなけがにつながらないよう、火のスペースでの見えない危険(自分で意識しづらい危険。意識しづらいため、自分では避けにくい。)は極力取り除くようにしています。(今日も、プレーリダーがスモークの箱は熱くならないかなど確認させてもらっておりました。)

a0092455_23153985.jpg

火を囲む私達とおしゃべりしながら待つこと2時間。
マッタリと燻製器のそばで過ごされていたので、好奇心旺盛な子ども達に荒らされることなく無事出来上がり~!
a0092455_2318448.jpg


周りにいた私たちも分けていただきました。
おいしかった~!ごちそうさまでした。
a0092455_23184770.jpg
プレーリーダー、ベッカム「アルコールほしくなりますね~」

ご近所のお父さんも、こんなことでもないとなかなかお話しする機会がない。
同級生くんのお父さんとちょっとお近づきになれた気がして、嬉しい一日でした。
パパさん、今度はタコ焼きですかね。

ちなみにこの燻製器、スポーツ用品店で1000円ほどで手に入るそうです。









そんなこんなしている間に、いつの間にか小学生が木の上にロープを運び上げて何か始めていた。
木の枝にロープを結びつけ、少し離れた小屋に渡して・・・・
a0092455_139738.jpg


ふと見ると、少し離れたところにキリが突き刺さった板が放置されている。
a0092455_2320263.jpg
近くにいたプレーリーダーわかちゃんに聞くと、
「またやりに来るかもしれないから様子を見ている」とのこと。
どうやら、ロープをやっているうちに、板の両端に穴をあけて椅子にして、ターザンロープみたいにしようと思ったらしい。
そこで、ちょうどいい板を見つけてキリで穴をあけていたら、姉軍団が木と小屋を渡るロープを見つけてやって来て「これじゃーダメだよ~」とほどきだしたものだから、キリと板はそのままに、あわてて木に戻っていった様子。
私が見たのはその後だったわけですね。

おもしろいから彼らの視界に入らないところからしばらく観察。
木の方に弟達、小屋の方に姉達が陣取ってあーでもないこーでもないと言いながらロープを縛る。
(プレーリーダー、ロープの高さや縛り方を密かにチェック。小屋も補強。)
渡したロープに短いロープをかけ、両端を持って“弟1号”木からダイブ!
足が離れた途端、くるりと回転して着地・・・。ちょっと(いや、かなり?!)ビビった様子。
姉達の指示が入る中、高い位置に縛りなおす。
“弟2号”ダイブ!
ロープがたわんでさっきよりちょっと遠い所に着地・・・。
その後、小屋の縛る位置を変えてみたり、板の代わりにちょうどいい長さの竹を見つけて短いロープに通してみたりしていたけれど、いつの間にかその場を離れて弟達の基地の方に向かっていた姉軍団の「あ~、お餅がある~」と言う声を聞いたとたん、一斉に木から下りて姉軍団に向かって走り出した。

それまでがんばっていた木とロープはもぬけの殻・・・。

結局彼らはその後帰って来ずでしたが、残されたロープは、他の子やお父さん達にチョイチョイかまわれておりました。

子どもって、一生懸命考えてやっていたことでも、スイッチが切り替わると、今までなかったかのように違うことに夢中になれるんですね~。
我が家のいたるところに、やりかけの物や脱ぎ捨てたもの達が散らばっているのも仕方がないことかもしれないな~。
・・・いやいや、日常はやっぱり困る~。


 ちょっと火から離れてまわりを眺めていると、こんな物を発見!
a0092455_2321395.jpg

あっちって・・・何だろう?
確かこの板は、うちの娘がとがった先にマシュマロを刺して焼いてたよな~。

近くにいたプレーリダー達に聞いてみると、どうやらベッカムが、そこらに落ちていた板を何となく切り株に刺してみたらしい。
そしてそれを見たわかちゃんが板に「あっち→」と書いたそうな。
こんなことでまわりの人を巻き込んでいけるんですね~。

プレーリーダーの視点っておもしろいです。
私は兄弟の一番上なので、上の兄弟を持つわかちゃんの視点はまた新鮮で考えさせられます。
子どもが何か始めたら、プレーリーダーのそばにツツっと近寄って行くといろいろ聞けるかもしれませんよ。

                             koma
[PR]
by TPPK | 2011-11-28 23:33 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(0)
11月19日プレパ
今日は朝から土砂降り一日。

[どうしようもない状況の有難さ]

午後から我が子2人とチャレンジコースで会場に向かった。
かっぱ&長靴&傘と完全防備であの坂道を目の前にすると、なされるがままに「お願いしま~す」という気分になるのは、私だけでしょうか。
久々な自然との対話を楽しもうかなと思いきや、下の子3歳男子が、進んで間もない地点で木の根っこに引っかかり転倒!
「わ~ん!汚れた~!ズボン変えて~今すぐ変えて~これどうすんの?抱っこしないと登れない~嫌だ~ズボン変えて~傘もって~手繋いで~やっぱり傘は持つ~」

(母、心の声)ちょっと、ちょっと、先は長いよ・・・無理だよ・・・息子よ。
こんなちょっと汚れただけで、こんなに大騒ぎですか・・・トほほ・・・森中轟いているだろうよ。
「痛かったねえ、ズボンが汚れて嫌だったねえ。変えてあげたいけど、ここでは、逆に泥だらけになるから無理なんだよね。上まで登ったら、変えようね。お母さん、荷物いっぱいで抱っこも無理なんだわね。どうしようね」
そのまま号泣&上記のセリフを繰り返しつつなんとかゴールが見えそうです。

自然の中では、本当にどうしようもないシチュエーションが待っています。
日常ではヘタレな母子。なんとしてでも、今ある状況で乗り越えなければならないのです。
彼の気持ちを受け止めて、彼が立ち上がり、歩き出すのを、ただひたすら待つのみなのです。
だって、「叱咤激励は無意味」プレーパークで過ごす中で味わった格言のひとつです。
散々母も子も傷ついて、後味が最悪なんですよね。
この出来事も、後に私達の糧になると願いつつ・・・

登りきったら、プレリーダーわかちゃんが待っててくれました。
(こりゃ、埒が明かないぞと、上の子小2女子が先に会場入りし、状況を話してくれたようです。)
すると息子は恥ずかしそうに傘で情けない泣き顔を、わかちゃんに見られないよう遮っていました。
やっと辿り着いて「頑張ったね」と声をかけると、満足そうでした。
そのままお昼にしたんですが、結局、着替えも抱っこも強請られませんでした。

[火の番人]

早速お昼ごはん(カップスープ)にしようと、お湯沸いてるかな~チェック。
「なかなか火が付かなくてね。さっきお湯を沸かし始めたところだよ」
土砂降りの中、プレリーダーけーすけさんと、小2男の子が頑張って火起ししてくれたとのこと。
a0092455_135759.jpg
a0092455_1352871.jpg

火は、晴れててもポイント押さえてないと、簡単にはつかないという事を身を持って体験している私。
時間かけててでも、最後まで自分達でトライしたお二人を、尊敬の眼差しでみました。
終了までお二人とも、火が絶えないよう、愛おしそうに薪をくべたりして関わってらっしゃいました。
やりたい気持ち、苦労の末に出来たことは、子どもにとっても大人にとっても、掛け替えのない経験になっていくことが、表情や態度から窺えました。
完成されてないシチュエーションは、来場者と一緒に場をつくっていく楽しさが生まれることを再確認した場面でもありました。

13時過ぎより段々暴風雨気味になってきたので、今日は早めの撤収。
彼は、すっかり満足した様子で炭の始末までして会場を後にしました。
a0092455_1364660.jpg

明日も遊びに来てくれるようです。

(yukko)
[PR]
by tppk | 2011-11-21 13:11 | Comments(1)
11月20日のプレパ
昨日の大雨もあがり、気持ちのよい青空がひろがった今日、
朝からいっぱいの人が来てくれました!
a0092455_20432998.jpg


そして会場の片隅では、プレーリーダーみやちゃんが・・・何してるの?
「小屋の掃除!」
え、確かに随分と散らかっていたけど、誰も手を出さなかった小屋・・・。
掃除されるのはたぶん、初めてなのでは???
a0092455_20461473.jpg


みやちゃんって、きれい好きなんですね、実は・・・(意外037.gif
そして、見よ、このきれいさを!
a0092455_2048251.jpg

なんと全部上げ底してあって、雨が降っても大丈夫!実に行き届いてます!
みやちゃん、この後も会場内の落ち葉や、枯れ木を集めてせっせと綺麗にしてました!

ところで、今日のプレパにはとっても素敵な差し入れが!どーん!
a0092455_20515761.jpg


でもって、こうなって・・・
a0092455_2052342.jpg

で、こうなります・・・。
a0092455_2053841.jpg

甘くてとっても美味!一箱、しっかりと食べきりました。ひろえさん、ありがとう!
全員、満腹で山を下りましたとさ・・・。

こんな美味しいこともある、プレパ(あまりないけど・・・)。皆さんもぜひ、
秋の味覚を味わいに来てください。
(しげ)
[PR]
by tppk | 2011-11-20 20:57 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(3)


Facebook
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
正)アプフェルシュトゥル..
by tppk at 21:00
今日もお味噌汁したよー ..
by まぁちゃん at 19:56
素敵だなぁ。 我が..
by まぁちゃん at 21:54
りりーちゃんいなくなっち..
by まぁちゃん at 19:44
彼女も忘れものかもしれま..
by まぁちゃん at 12:50
未来のプレーリーダーが育..
by まぁちゃん at 08:47
う~ん、やっぱり向こうか..
by まぁちゃん at 08:44
見とりましたよ~次女ちゃ..
by まぁちゃん at 17:21
これは「りゅうのひげ」も..
by まぁちゃん at 15:36
彼女は黙って飴付き棒を差..
by わか at 18:02
最新のトラックバック
リトルママってご存知ですか?
from リトルママは福岡主婦の味方
とよたプレーパーク
from 徳利お猪口の徒然日記
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
無料カウンター