とよたプレーパークの会が携わる冒険遊び場「プレーパーク」の様子や活動を紹介します★(とよたプレーパークの会は愛知県豊田市で活動している団体です)
by tppk

ホームページ
【とよたプレーパークの会】【プレーパーク】についての詳細は
こちらをご覧ください。
写真をクリックしてね!


携帯サイト
こちらをご利用ください

(cmanで作成しました)

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:鞍ヶ池プレパ( 165 )
4月21日(日) 今年度プレパ初日
今日は午前スタッフの日。
057.gif昨日から降っていた雨も開催前には止み、雨上がりプレーパークからスタートしました058.gif

今年度初日ということで、時々問い合わせして頂く「会場までの行き方」をレポートさせて貰います037.gif
豊田市街地方面より。右手プレイハウス&池、左手動物園を越えて、虹の架け橋を越えると、道が二手に分かれます。
a0092455_16352072.jpg

左手のあじさいロードで進みます。
a0092455_163864.jpg

わりとすぐ右手に東パーキングが見えるので、ここに駐車してください。
a0092455_16433393.jpg


会場までの行き方は二通りあります。
ベビーカーなど使用されたり、緩やかな道を通りたい方は、遠回りにはなりますが道路向こうの舗装されたコースをお勧めします049.gif
a0092455_1643857.jpg


近道でワイルド?に向かいたい方は、チャレンジコースをお勧めします049.gif
歩ける子はよく利用しています。
a0092455_1648511.jpg

さあ!登りますよ~066.gif
ちなみに雨季はアジサイの道が続いていてとっても綺麗です。
a0092455_16482752.jpg

ここからがなかなかの急坂です。
a0092455_16485164.jpg

小さな子どもとのんびり登り歩くには楽しいですが、さくさく歩く子どもと一緒の時は、此処らへんで息が上がってきます。・・・ん?私が運動不足なだけかな?008.gif
a0092455_16491866.jpg

ここまでくると坂も緩やかになってきます。
左手はこんな景色。地域のマレットゴルフ場が見えます。
a0092455_16493140.jpg

右手は・・・林?野生の?竜のひげが沢山生えててます。
時期になると青い実を沢山つけるので、子ども達は気の赴くままに拾い集めます。
a0092455_16494712.jpg

さあ~会場に近づいてきました!
a0092455_16501282.jpg

この看板が緩やかコースとの合流地点。
a0092455_16503136.jpg

緩やかコースもゴール間近。
a0092455_16504580.jpg

到着~!会場のシンボル横断幕がお出迎え。
この写真はありませんが、雨の日以外は無人受付がここにあります。
来場者数をカウントしているので、木箱におとなとこどもの人数分メダルを指定の場所へ入れて下さいね。
a0092455_16512547.jpg

カラフルな建物は遊び小屋です。
中も覗いてみてください。わくわくするもの、入ってるかも?
初めて来場された方や聞きたい事がある方は、遠慮なくプレーリーダーやスタッフに声をかけてくださいね。
a0092455_1651452.jpg

さて、今日はどんな様子かな~
お!プレーリーダーしげさんが新品のタープで日除けを設営してる~
a0092455_1720975.jpg

出来上がり♪
a0092455_17213711.jpg

ではでは、今月残り2日間もお待ちしています040.gif
今月は変則なのでお気をつけくださいませ056.gif
a0092455_17242938.jpg


(yukko)
[PR]
by TPPK | 2013-04-21 21:00 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(0)
3月24日
3月も後半ともなると、すっかりぽかぽか陽気のプレパです。

しかしこの日は花粉がものすごいことになっていました。
今年どうやら花粉症デビューした私は、終始くしゃみと鼻ムズムズ。
むかし誰かが、「この時期は目ん玉と鼻を顔から切り取って、水道でゴシゴシ洗いたい」
とまで言っていたことに衝撃を覚えましたが、
本当に若干ですけどその気持ち分かる〜と思いました。

来月もまだ続きますよね、花粉。それから日差しもかなり強いです。(おでこに降り注ぐ太陽の光が痛い)
でも春ならではのほんわかとした会場の空気もぜひ、味わっていただきたい。
マスク、日よけの帽子などのご準備万端整えて、どうぞお越し下さいね。

余談ですが、我が家は古い社宅の四階に位置しております。
当然上り下りは階段。 ここに越して二年と半年・・・
ハッキリ言って、足腰かなり鍛えられました。
最初は息を切らしていたチャレンジコースも、下りでは平衡感覚の無さからふらつきますが、上りは今ではスイスイです(ちょっと嬉しい)。

爽やかに会場に到着。 
と同時にぱあっと目に飛び込んできたのが、
あざやかなペイントが施された入口近くの小屋。
カワイイ!・・・ん?いや、バランスによってはサイケな外見に!

常連のこどもたちが屋根に登ってべっとり色を重ねたり、下から壁に向かって刷毛で塗料をピッピ飛ばして模様をつけたり、どんどん小屋を塗っていきます。
どう塗ろう?なんて考えるよりも先に、手が動いている感じで実に楽しそうです。
どの子も頭や顔、手足にペンキが付きまくっていて、服もべっちょべちょでしたが、思う存分やりきってる感が漂っていて、うらやましいと思いました。
水性シリコン塗料、ですって。 
ものすごい速乾性。 ニオイもほとんどなく、扱いやすいと感じました。

しまいには、自分の腕をペイントするヒトも続出。
ひとたび乾くとなかなか落ちません。
しかしめげずに、焚き火のあとの炭のドロドロを、石鹸のように塗りたくり、まさに炭または泥エステのようにして「こうすると(色が)落ちるよ!」と満面の笑みで教えてくれる男の子がいて。 全部遊びになってるんですね。 スゴイ、よく発見したね、って言いました。

プレパには予め準備されたものは、公園や遊戯施設と違ってそう多くありません。 目的があってないような、自由な場所。
でもプレパは自分や周りの人、環境を傷つけること以外は何でもアリですから、(ですよね!?)
成果を求めて、何か上手くやらなきゃなんて思う必要もないんですよね。
失敗がない場所、というか。
目的を定めたことが上手く思い通りに行かなくても、何かをやってもやらなくても、それも全部面白いし、良いのでは?ということになるんだろうなと。
こだわりたい人はもちろん、思う存分こだわって、完成を追求しても良いのですけど、ゴールを決めるのはあくまで個人に委ねられる。
その気負いのなさが楽しい空気になって、
居合わせたひとたちと思いがけない遊び、場の広がりを作ったりしています。
それは、周到に準備されたモノや環境のなかとはまた別の次元の、奥ゆきのある豊かな時間を生んでるんじゃないかなと思います。

風が、木々が、土が、水が、火が、おひさまが。 時には雨が、雪が。
自然が優しく見守り、サポートしてくれています。

今日もありがとう。


Lily
[PR]
by tppk | 2013-03-27 22:38 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(0)
3月23日プレパ
もうすっかり春ですねえ。
a0092455_2355848.jpg

会場では、裸足の方々をちらほらお見かけしましたよ~058.gif

【本日のプレーリーダー】
木登り得意な申年しげさん
a0092455_2391100.jpg

べっこう飴の達人アッキー
a0092455_2232724.jpg

072.gif今日華々しくデビューを飾った初プレーリーダー、90559(キューマルゴーゴーキュー)049.gif
a0092455_22322423.jpg

呼び名がとっても長いので、思わず聞いた。
「慌ててるときとか、なんて呼んだらいいですか?」「90(キューマル)と呼んでください」
いや~短縮形もあって、なんだか安心しました045.gif

【水路】
最近、鞍が池プレーパークは、水路作りが大流行♪
a0092455_22463373.jpg
a0092455_22464755.jpg

常連母ちゃん、目きらきらさせて裸足~016.gif
a0092455_22481187.jpg

おや?上のほうでも掘ってるよー
a0092455_23515563.jpg

先週の続きで、高さを使って上のほうから超大作ウォータースライダー男のロマン004.gif061.gif
a0092455_041447.jpg


【ペンキ】
必要あって看板をひとつこしらえようと、ベニヤ板とペンキを出してきたら、子ども達が興味深々で作るどころじゃなくなってきた。
a0092455_22562941.jpg

折角の選りすぐりの一枚をダメにされたくなくて、「ペンキ、小屋なら塗っていーよ~」
a0092455_2258188.jpg

ペンキ道具を持って~
a0092455_22591562.jpg

三角屋根なんて、へ~っちゃら
a0092455_22593980.jpg

私は怖くなってきたから、下の壁塗るわ~
a0092455_2301217.jpg

塗って塗って塗り捲り~
a0092455_2304099.jpg

あ、ニコちゃんマーク053.gifらぶり~
a0092455_231152.jpg

青空に雲うかぶ~
a0092455_2314166.jpg

裏面
a0092455_2364057.jpg

表面
a0092455_2342575.jpg

041.gifみんな「明日も塗る!」子どもは小さな芸術家041.gif
小屋の行く末がと~っても楽しみですね070.gif060.gif
037.gif明日もどうか、晴れますように・・・058.gif

(yukko)
[PR]
by TPPK | 2013-03-23 21:20 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(0)
めっきり春です!
3月17日(日)
ポッカポカの春の陽気。
花粉症対策のマスクをつけてチャレンジコースを登ります。

チャレンジコースで一緒になったのは、各務原の子ども劇場の方たち。
各務原でもプレーパークのような場所を作りたいと、遊びに来てくれました。
最近、愛知県や岐阜県あたりで、みよし市、刈谷市など、他にもいくつかの市でプレーパークを!と動き出している人たちがいるようです。プレーパークの輪が広がること、とっても嬉しいです!


会場では・・・。
今日は、コマが大繁盛!
なぜって、きょういちさんが来てくれたから。
いつも天白から自転車でやってくる彼、コマをやらせたら右に出るものなし!
彼がコマを始めると、自然と周りにコマをもった人が集まるのです。
それはもう、幼時から大人まで・・・。
a0092455_294261.jpg

写真は、きょういちさんが「二人羽織!!」と言いながら後ろから手を取って一緒に回してくれたコマを、近くにいた小学生に取られる気がして「私の!」とばかりにあわてて取り上げた1歳の少女。
私には「私がまわしたのよ!取らないで!」って吹き出しが見えました。
a0092455_210169.jpg

やがて、ベーゴマの勝負が始まりました。
a0092455_2111779.jpg

小学生と大人。真剣です。
a0092455_2161920.jpg

気がつくと、メンバーが変わり缶ゴマへ。
さっきのベーゴマできょういちさんにまとわりついていた常連2年生君、缶ゴマになったら自分もやり始めました。ベーゴマもやりたかったけど自分では難しくて、きょういちさんにまとわりつくことでその場に加わっていたたのかな?
a0092455_2164366.jpg

こんなこともしちゃいます。
白いロープの上を缶ゴマが渡っているのがわかりますか?
ちなみにこのロープは、日よけのためにプレーリーダーが張ったタープのロープです。
きょういちさんの頭の中には、コマが動いていくイメージがあって、そう動くにはどうしたらいいかって何度も何度も試すのです。それだからこれほどうまくなるわけなのね~。
諦めの早い私・・・。


ポカポカを通りすぎて暑いほどになった今日は水遊び日和!
といういことで、水路。
a0092455_21783.jpg

先月から始まった水路が、昨日、今日でまたまたパワーアップ!
溝も深くなり、広くなり、新たな溝や池も増設。
a0092455_228537.jpg

下流では、ちびっこが水路の探検をしいます。
a0092455_2295756.jpg

上流では、掘ったり水を入れたり、まだまだ増設中!
そして、その横では・・・
a0092455_2175445.jpg

5年生の女の子がママと泥団子づくり!
サラサラの白砂をかけて、ジーンズでこすって表面をツルツルにしていました。



これなーんだ?
a0092455_2182366.jpg

答えは、里芋と味噌を合わせた“味噌饅頭”!!
みよしもりそらで、毎週おかーちゃん達に見守られながら、自然の中で遊んでいる年中の彼。
今日は、自分で「里芋を焼くんだ!」と言って、里芋をリュックに入れ、冷蔵庫から味噌を持ち出してきたようです。
焼けた里芋を、味噌を入れてきたビニール袋の中に入れ、モミモミして、写真のようになったそうな。
見せてくれた彼は、「冷やしたいから、ビニールに入れたまま川で冷やしていい?」と母に聞きます。「いいんじゃない?」と母。彼は、ビニールに入れなおし、それを子ども達が作る水路にチャポンとつけてゆらゆらさせています。水の色は茶色・・・。こちらでは母と周りの大人が「水が入らないなんてことはないよね」「食べたらジャリジャリいうわね」なんて話しています。
冷やし終わった彼はそんなことはお構いなし「冷えたよ~。ん、まだかな?あったかい・・・」なんて言っておりました。

しばらくすると、こんなになっておりました。
a0092455_2185014.jpg

里芋の味噌饅頭とおにぎりをつけた里芋おにぎり!
これを焼いて食べるそうな。
ちなみにとっくにお昼の時間は過ぎておりますです。
さて、最後はどうなったのかな?
最後まで見られなかったのが残念・・・。



今度は一輪車登場!
a0092455_2191726.jpg

何やら枯葉を集めている様子。
途中で転倒するも・・・。
a0092455_2194788.jpg

ずっと近くで見ていた男の子が落ちた枯葉を一緒に拾ってくれました。
やりたくて見てたのかな?

少し経って、一輪車の行方を捜すと・・・
あった!!
a0092455_2202246.jpg

火の場所で、中の枯葉はせっせと火にくべられておりました。
が、集めていた彼の姿はどこへ?
こちらもおりました。
a0092455_2204323.jpg

年下の子がのこぎりで斜めに木を切るお手伝いしているのだそう。
彼は結局一輪車の枯葉は使うことなく、この後ずっといろんな子の工具のお手伝いをしておりました。
いつも家では、自分が作りたい物をじーちゃんに頼んで作ってもらってるのにね・・・。



突然一生懸命鉄の棒に登り出した彼女、いったい何をしているのでしょう?
a0092455_2212280.jpg

答えは、この紐の反対の先についている、タープの上を見たいのでしたー!
プッ!
子どもって、おもしろい・・・。



もう一人。
普通の服のまま、水中用のゴーグルを付けた小学生男子。
「どうしてゴーグル付けてるの?」と聞いたら「なんとなく」と答えていました。
しばらくすると、服をビチャビチャに濡らした彼を発見!
a0092455_2215732.jpg

「どう?ゴーグルは役に立った?」と聞いたら「全く!」「あ、でも、煙が煙くなかった!」と。
そうなのね・・・。
“ゴーグルは 水中だけで役に立つとは限らない”



今日はコマと共に木工も大繁盛!
椅子や時計を作る子が多かったな~。
他にも、剣や楯、船?、なんかも作られておりました。
で、5年生女子が作った作品。
a0092455_2223840.jpg

かわゆい。



今日は一日穏やかなポカポカ日和でしたが、途中で何度か強い風が吹きました。
そのたびに、日よけのタープの真ん中につっかえ棒していた竹が、ブルーシートから外れました。
それを見たママと1年生の双子ちゃん。さっと来て、うちの旦那さんが直すのを手伝ってくれました。
ありがとう~!!
a0092455_223367.jpg

”ここに集った人たちで作っていく場でありたい”と思っている私たちにとって、こういうことがとっても嬉しいです。
一緒に工具の釘を拾ってくれる子ども達、工具を片づけてくださる方、一緒にブルーシートを畳んでくれるママさんパパさんも本当にありがとうございます。


そして振り返り。
大人が話し終えても、珍しくスタッフの子ども達が会場内に残っております。
見てみると、男女に別れて、小屋の戸口にかけた”しめ縄”を取るゲームをしている様子。
小3~1年生3人の男子が水鉄砲を片手に守り、小52人の女子が透明なプラ板を持ってしめ縄を取りに行きます。
a0092455_2233992.jpg

一人がプラ板の後ろに隠れながらじわじわ近付き、その横で、何も持たない一人が突撃!
そのまましめ縄ゲット!!!
a0092455_2235994.jpg

決着つくの早・・・。
その後も5年女子がいつになくはしゃいでおりました。
この年の女の子がはしゃげる場所っていいな~!


今日は、いろんなところでいろんなことが繰り広げられた一日でした。
やっぱりプレーパ-ク、いいね!!

そうそう、今日の忘れ物です。
TOMICAの箸
a0092455_2241787.jpg

軍手
a0092455_224417.jpg

パーカー
a0092455_237515.jpg

注)人は付いておりません。

心当たりのある方はご連絡ください。
                           koma
[PR]
by TPPK | 2013-03-18 02:52 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(1)
そこここで いろいろな事が繰り広げられる一日。
 2月。
 まだまだ寒い。
 今日はチャレンジコースも雪景色・・・。
a0092455_021092.jpg



 今日は、長男の友達が妹ちゃん二人とママと一緒に来てくれました。
クラスも一緒で、最近急に一緒に遊ぶようなってとっても仲良しの二人です。
10時過ぎに友達が到着したのを見つけると、お菓子をもって早速二人で秘密基地にかけていきました。大人の眼の無いところがいいお年頃ですかね~。
妹ちゃん二人はママと一緒にブランコへ。

 周りを見渡すと・・・。
「川を作りたい!」と言っていた常連くんがおねーちゃんと一緒にシャベルをもって作り始めておりました。
違う子の姿も見えますね~。
a0092455_22335517.jpg

どんどん流れは長くなっていきます。
a0092455_2235842.jpg

川に船を流し始めました。
a0092455_22373126.jpg

しばらくすると・・・・
a0092455_22392176.jpg

さっきの子たちはどこへやら。違う子たちが、思い思いに水を誘導しております。
下流では・・・
a0092455_22404734.jpg

注)この二人、親子ではありません。

そして、またまた人が代わって川づくりは続きます。
上流に池ができたり
a0092455_2241456.jpg

土の中からロープが出てきたり・・・。
a0092455_22424330.jpg


水道のところで、ただひたすらバケツの水をかき回している子も。
どうやらハンバーグを作っているようです。
a0092455_22443680.jpg

こりゃなんだ?
a0092455_22453415.jpg


先週も水や泥遊びが繰り広げられたようですが、子どもたちは寒くても水が大好きなのですね~。
そして、やっているのを見てやりだす子が出てきたり、やった跡を見て始める子がいたり。
子ども同士が絡まなくても、同じ空間をともにするだけで影響を与え合うんですね~。
川づくりは10時過ぎから3時過ぎまでず~っと繰り広げられておりました。
 
 そして反対側をみると、こっちも人気のヘリモッコ。
向こう側から揺らしてもらっております。
私も~!
a0092455_22552285.jpg

定員オーバーでないかい?
a0092455_22542352.jpg

で、とうとう地面の杭が根を上げました・・・。
子どもたちは、取れてしまった杭をどうにかしようと考えます。
小1常連男児がすかさず小屋に走り、木槌を持ってきました。
木槌を使ってトンテンカンテン修理。
a0092455_2259538.jpg

が、うまくできなかったようで、「しげさ~ん」とプレーリーダしげさんの長女が呼びに来ました。
ここでは「パパ」じゃないのね・・・。
しかし、子どもたちだけで直そうとしたのには驚き、頼もしく思いました。
あそこまでやったら最後までやるかな~って思ったから、ちょっと残念な気も・・・
そう思ったのは私だけかな・・・。

 その横では、小さな小屋の中の流しが外に出されるのを目撃!
お!いよいよ解体されてしまうのか?と思って見ていると、熊手を持ち出して小屋の中のものをかき出し始めました。
a0092455_23171224.jpg

流しもひっくり返してゴミを出しています。
ん?もしかしたら・・・・
a0092455_23173330.jpg

流しを元に戻して・・・
そうです。彼らは大掃除をしてくれてのでした。
その後そこで遊ぶわけでもなく、どうしてそれがはじまったのかはわからないけれど、どうもありがとう。
かき出された物と一緒に出てきた帽子。
何か付いてますね~。
a0092455_23202863.jpg

虫の卵?!
a0092455_23212032.jpg

中は空っぽでした・・・。
何の虫なんでしょうね~。
a0092455_23223095.jpg


 火の所では、今日もいろいろなものが焼かれました。
ピザを持ってきた家族が、我が家も含めて3家族。
チーズもとろ~り、なかなかお勧めですよ~!
a0092455_2363735.jpg

火の回りでいたずらしてるのは、常連くん。
家から持ってきた水鉄砲で釜戸にシャ~。
a0092455_238675.jpg

(この水鉄砲がこの後事件(?)を巻き起こすのである・・・。)
この場は、「みんなが食べ物を焼いてるから、火が消えることはやめてね」と声をかけると、「水で濡れてるところを撃ってもなにもならないんだけど、濡れてないところを撃つと”ジュー!っていうんだ」と話してくれました。
お~!発見だね~!
子どもたちは、いたずらの中からもいろんなことを発見するんですね~。

 そして、ふと見ると、小屋を大掃除していたうちの長男と、水鉄砲で楽しんでいた常連くんがなんだか怪しい雰囲気・・・。(ちなみにうちの長男3年生、常連くん2年生)
遊んでいるところに常連君がちょっとした気持ちで水をかけたか何かだろうなと、私はその子の母と一緒に見守ります。
その場は向かい合い、小競り合いでおさまりましたが、また場所を変えて小競り合いが続きます。常連くんは1人に対し、うちの長男は一緒に来た友達や、その妹ちゃん達、幼馴染の1年生クンとその妹ちゃんが前に立ち、後ろに付きしながら味方しています。
a0092455_23471161.jpg

1対大勢は不公平だなという思いもあり、彼のママに気持ちを伝えると、「うちの子にはいい経験だからいいのよ」と言います。彼も構わずジリジリと向かっていくので、そのまま様子を見ることにしました。
何度も場所を変えてやり取りする彼ら。
a0092455_23484179.jpg

会場上のハンモックの近くで、一瞬取っ組み合った後に長男達がその場を去ると、常連くんはしばらくそこで膝を抱え、一人で過ごしておりました。
a0092455_23521790.jpg

*写真は、奥でやり取りする彼らと対照的に、こなら大明神の切り株の上でゆっくり読書をする違う常連くん。

そんな中、ヘリモッコ事件が起こり、いつの間にか長男たちも常連くんも同じ空間にいるのを目撃。
そしてまたしばらくすると、小学生3人で、以前植樹したこならに水鉄砲で水をやっておりました。
(上の写真の、読書をする男の子の左腕の後ろ。枯れて下を向いた葉っぱ、わかりますか?)
そして最後の最後、スタッフの振り返り後、決まり事のように先に駐車場に降りていく子ども達の中には常連くんの姿もあり、母たちが駐車場に着くときには、みんなで一緒に”だるまさんがころんだ”をやっておりました。

子どもたち、大人が入らなければ、こうやって自分たちで解決していくんですね。

うちに帰って長男に聞くと、「あいつが○○(友達)に水をかけたから腹が立ったんだ!○○は“やめろ”って言ってたのに!」と言っておりました。
彼としては、大切な友達が嫌なことをされたことが許せなかったようです。
また彼は「大人が僕の方を見てニヤニヤわらってたのがウザかった!」と。
私達は全くそんな気もなく、そんな会話もしていなかったので、彼のその言葉にはかなり驚きました。
「そんなことはない」と言っても、彼は聞く耳持たず・・・。
私たちから見えているということは、彼らの方からも見えているということなんですね。
どうしても大人の数が多くなってしまう鞍ヶ池だから余計にそうなってしまうのかもしれませんが、気をつけなければと気が引き締まりました。

子ども同士のやり取り、全く見ていないこともよくないと思うけれど、年が多くなっていくほど周りも見えるようになり、気にもなり、大人が見ていることが子ども達をいやな気持にさせてしまう。
はてさて、どうしてものでしょうか・・・。
またみんなで話していくことにします。

 そうそう、今日はこんな忘れ物がありました。
世話人が預かっています。
お心当たりの方、ご連絡ください。
a0092455_063644.jpg


                                      koma
[PR]
by tppk | 2013-02-25 00:53 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(1)
2月23日プレパ
2月の終わりですが、まだまだ寒い。
私は一年通して午後からスタッフに入る事が多いのですが、今日も同じペースで会場入り。
この寒さの中、大勢の人達で賑わっていました。
すると、いい匂いが…
a0092455_0202451.jpg

なんと、鶏の丸焼きではないですか〜
Xmasカンバーック068.gif
プレーリーダーみやちゃんが、フライパンに鶏丸ごと収めて、上からフライパンで蓋をして密閉して焼いた様子。「ダッチオーブンじゃなくても、焼けるじゃん♪」
プレーリーダー3人仲良く、あ〜ん053.gif
a0092455_0296100.jpg


お昼ご飯食べて、お腹を満たした後は、何して遊んでるのかしら…と観察するのが趣味♪
すると、コナラ大明神が遺していってくれた遊具で、子ども達が楽しそうに遊んでいました。
a0092455_0471044.jpg

元々ナラ枯れのリユースなので、春には中から虫が飛び立つかもしれないから、撤去の予定だったのですが、虫喰いの木屑もないし、このままになる方向になってきています。
切り株や、こうして遊具でいまだに存在感あるコナラ大明神のその後でした。

その向こうのスライダーでは、5歳〜小5年生まで登ったり、じゃれたり、引きずり下ろしたり、とっても盛り上がっていました。
a0092455_132213.jpg

その中に、母ちゃんがひとり紛れ込んでいまして…
「ラッキー♪若者障り放題053.gif」お母ちゃん…056.gif

それにしても、今日の火の場所は、やたら焼き場が並列に充実しています。
a0092455_0494295.jpg

ちなみに右から3つ目は、みやちゃんが作った石焼き芋作成機?
朝から来場されてたお母さんが、芋入れてるけど硬いんだよね〜と困った様子。結局、いつものやり方で焼いた方が早く焼けてる。なんでだろう〜?と芋を包んでた新聞とアルミホイルを外し、直で石焼き芋作成機へ投入!
すると美味しく焼けたそうです♪お母さん、いい学びだったととても嬉しそう041.gif
子どもだって、おとなだって、新しい発見は何とも言えない喜びですよねぇ。
a0092455_0573887.jpg

やっと石焼き芋にありつけたお父さんと息子さんもご満悦060.gif

おやおや、また息子がプレーリーダーおしょうを独り占め。
なぜか、実の父親や実の息子よりも親子にみえるねと定評あるペア。
a0092455_152267.jpg

けっこう常連になってくる子ども達は来場回数重ねると、今日はこのリーダーと決闘する!とか、このリーダーが居るから行く♪とか、このリーダーに怖い話して貰う(←コレは、うちの子ども達…)とかあります。普段接点がない者同士が遊べたり、関わり会えたりするのって、素敵な事だし、とっても楽しい。

a0092455_1145411.jpg

いっぱい遊んだ後は、レーキで枯葉を集めたり、見よう見まねでこんな風に役に立ちたいという気持ちも芽生えちゃったりして。
a0092455_1185885.jpg

火の始末も。

毎回違う表情をみせるプレーパーク。
季節、天候、スタッフ、プレーリーダー、来場者など、そこに存在するモノ違うものね。
同じ場所でも、何回も足を運んでると、子どもは大きくなってるし親は齢とるし。
そりゃそうですよね。

あ〜今日もいっぱい楽しかった041.gif

(yukko)
[PR]
by TPPK | 2013-02-23 21:00 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(1)
2月17日
早いもので二月ももう半ば過ぎ。
この月はほんとうに冷え込む日が続きますね。 春はもうすぐそこなのに、この日の午前中は、おひさまが雲のベール越しにしっかり見つめられるような曇り空で、体にきゅっとしみこむ寒さ・・・

このままずっとおひさまの恵みは期待できない日なのかしら。
おまけに水道が凍りついているらしく、蛇口は開けっ放しになっているのに、お水が出てきてくれません。
ううう、寒〜いお昼に温かいスープを・・・と思っていたのに(;∀;)

一人なら確実にめげそうな状況ですが、プレパに集まる人たちに囲まれておしゃべりしていると、次第に心がほっこりしてきます。 するとなんだか、体の中心は本当に温まっている気が。 みなさまのおかげですねえ。 人ってありがたい。

火の番をしていたプレーリーダーのアッキーの懐で、子どもたちが三人くっついて座っていました。 うふふ、ほんとうにあったかそう。 微笑ましい、かわいいですね。
私もこのごろの午後一番の過ごし方は、もっぱら自宅のソファーで足を投げ出して座り、お腹に三歳の次女をのせて毛布をかぶせて、彼女が眠るまで絵本を読む、というもの。
あったかいんですね、これが。 寒い時はくっつくに限る。 

でも火はあるけど、お湯が沸かせない・・・ここは贅沢だけど、ストックのミネラルウォーターを開けてしまいましょう、ということになりました。 すすで真っ黒のプレパのやかんになみなみとお水が注がれ、あみの上へ設置。

「それにしても、(水道が)凍るほどの気温じゃないよねえ?」「下はいくらなんでも凍ってないんじゃない。」「ウチ(近所の方)、凍ってなかったよ。」なんて話していると、

アッッ!水、出てる!!!  
蛇口からトウトウと流れるお水が〜
良かったねえ。 スープもお茶も遠慮なしに飲めるねえ。
お水、ありがたいです、ほんとうに。

そのころ(正午を過ぎたころ)から次第に日差しが出てきて、気温が上がってきたのでずいぶん過ごしやすくなりました。 来場者の方も増えてきて、寒いけど活気づくプレパです。
 
日だまりのなかで焚き火にあたっていると、本当にあったかい。 家の中で暖房に頼ってちぢこまっているときよりは、意外なようだけれどもずっと快適。 
出てくるまでが、ちょっと億劫かもしれないけど、冬のプレパもオススメですよ!
寒い時ほど寒気にさらされるのが大事と、何かで読んだのですが、
体が寒さに適応しようとして、自らを活性化するのだろうか?
という具合に、プレパで足踏みしながら、やれ子どもに呼ばれてブランコの背中を押したり、焚き火でなんか焼いちゃー食べたりして、次第に寒さに慣れてくるととそう思います。

こどもたちは寒さなんてお構いなしです。 自分のときもそうだった。 寒さと寒いという感覚にすごく隔たりがあったような気がします。 まるでよそごとのような。 
群れて、楽しく、元気よく、ひたすら遊ぶのです。

比較的おっきなお兄ちゃん、お姉ちゃんが、道具小屋の近くの地面をスコップで掘り返していました。 それを見ていた私は、単純に
「ああ、穴を掘って遊んでんだな。」と思ったのですが、
穴の脇にこんもりと積まれた土の山のてっぺんに棒きれを立てて、ぺたぺたとそれは熱心に山を固めているのです。 穴はおまけのようになりました。
つまり、
山を作るために穴を掘ってたってこと???
意外だったので思わず訊いてしまった。

こどもたちはこともなげに、「そう。」と言うのです。 聞けばなんてことないんだけど、見えなかったものが見えたような新鮮な驚きでしたね。
そしてそこの遊びの主はいつの間にか小さな子に変わっていきました。 掘り返された土をすくっては別のところにまいたりして。 その脇で、誰かがまた別の穴を掘り始めます。
数人のお父さんたちが、見守りつつ手伝っている様子。 さらに時間が経過し、穴には水が注がれて、水路があちこちにできていました。
11時すぎにわたしたち親子が到着したときにはまさかと思った、どろんこ水遊びが、賑やかに展開されておりました。 遊び継がれて、変わっていく場の様子って面白いなあ。

うちの次女ももちろんその一部となり、日だまりのおかけで濡れた足が刺すように痛むこともなく、ぐっちょぐちょになって楽しんでいました。

三時。 プレパ終了時間です。 
すると急に冷え込んできたよう。 おひさまの傾き具合なのか。 でもなんとなく去り難い人々で、まだまだ賑わうプレパ会場でした。 そう、寒かったけど、何だか心地よい日だったね。

私の脳裏には、お昼にお裾わけをもらった「おこしもの」の、白い肌に鮮やかな色粉のコントラストが。 これまた心地よい余韻を残していたのです。

今日もありがとう。

Lily
[PR]
by tppk | 2013-02-21 15:47 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(0)
穴を掘る男たち
年が明けて二日目のプレパです。
私にとっては今年初。

坂を上った先の会場の手前に沢山の自転車たち。
ママチャリもありますねえ。
がんばってこの急な坂を上った人がいるようです。

どうやらその自転車に乗ってきたらしい常連の働き者のお父さん(通称みやちゃん)発見。
a0092455_11103941.jpg

なにやら作っている。

a0092455_1112553.jpg

出来上がり。
なんと石焼き芋焼き器!
上の一斗缶は石が敷き詰めてあって、下の缶で火を燃やし温めて焼くというもの。
さすが、どこでも生きていけるみやちゃん。
その内、芋だけじゃなくて餅やらリンゴやらがどっちゃり入って
石よりも多いんじゃね?状態に。

これで焼いたリンゴは目茶うまだったよ。

さてこちらではやはり自転車でやってきたらしい少年たちの姿が・・・。
a0092455_11181713.jpg

まずどでかい石を掘り起こし・・・
でかい穴があきました。
そんで・・・なぜか、
a0092455_11203342.jpg

ん、新感覚?
どんな風に?

a0092455_1123118.jpg

こんな風に・・・。

その内その横に穴を掘り出した。
a0092455_11241648.jpg

よし、そのままブラジルに行くぞ~!

a0092455_11251485.jpg

この時点で5歳児がすっぽり入るサイズです。

a0092455_11314686.jpg

先ほどもにょにハマッタ人。

実は私は昼過ぎに帰らなくちゃいけなくて、どこまで掘れたか見てないけど
かなり深くまで行ったらしい。
最後はあっけなく彼らのお父さんに埋められたみたいだけど。
あまりにも面白くて、用事があるのに帰りたくなくて困っちゃった。

あ、うちの子何してたんだろ?       (おぐ)
[PR]
by tppk | 2013-01-20 20:00 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(0)
こんな日もあるのだ
朝からリーダーと世話人だけでおしゃべりタイムが続き、お昼頃から来場者が集まってきた。

プレーリーダーのベッカム!「俺一回やってみたかったんだ」とべっこう飴作りに挑戦。

とだっちも加わり、2人肩並べてお玉とにらめっこ。

a0092455_0191222.jpg


それまで火を独占できる時間はたっ~ぷりとあったのに、

子供たちが集まってから小さくなってる2人(笑)

おいしくできあがりましたか~?

(むら)
[PR]
by tppk | 2012-12-16 23:53 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(0)
11月25日
11月25日

秋も深まりました。 
というかもう晩秋、冬は目の前

チャレンジコース、みなさん使ってますか?
結構傾斜がキツイので、慣れるまでおっかなびっくりだった~
でも季節が移ろう様子が本当に楽しめます。

息を切らした先に広がる、燃える紅葉・・・まるでご褒美!
もちろん息を切らしてる最中も、とても良いんです。
普段は見ないものが、ぱっと目に飛び込んできたりして
(こんな模様の虫が日本に??とか)
オススメです♪

今日は本当に良いお天気でした
日だまりはぽかぽか。長袖シャツとパーカーで(マフラー巻いてたけど)
じゅうぶん過ごせました。

ここの会場って、晴れている時は冬でもお日様がたっぷり当たるから、
意外にあたたかい気がします。
風も、意外と強くない。
冬も恐れずに、
ぜひ!


お昼を前に、だんだんと賑やかになって
ほどよい人口密度。
網の上には美味しそうなものが次々と置かれ、
次々と焼きあがる(煮上がる)

ソーセージ
おもち
焼きリンゴ(まるごとのりんごをアルミにくるんで)
鍋焼きうどん
シュウマイ
五平餅
枝に巻きつけたパン生地(きりたんぽみたいでカワイイ)
などなど

圧巻はなんといっても
立派なスペアリブでした。
THE肉! って感じで迫力ありましたね

所狭しと置かれた食料の隙間に
可愛らしく並ぶべっこうあめのおたまたち。

今日初めて来たらしい高学年の女の子たちが、
やりたいやりたい!と積極的に挑戦。
誰か教えてくださ〜いと声がかかる中、
たまたまそばにいたのが、べっこうあめ超初心者のワタシ・・・

こんなワタシが指南(笑)して良いものか

ベテランのこどもたちはご飯を食べるのに忙しそうだったので
僭越ながら。。。

まずはおたまに
おさとうは思い切り、
おみずはかぶるくらい少なめに入れたら
火にかけて

そしてただ辛抱強く
ふつふつ煮えてくるのを待つべし

そばにいたべっこうあめ超ベテランの男の子と
「これは忍耐力が必要だよね」と確認し合い・・・

え、これってどのくらいやればいいの?と聞かれて、
とりあえず砂糖水が、とろりとぶくぶく泡立ってきたところで
おたまの底をバケツの水で冷やしてもらいました。

色のつき方、透明度、仕上がり具合いろいろあるよね。
飴ができるまでの仕組みが分かってコントロールできるようになったら、
思うような飴がつくれるのだろうから、
あとは本人の観察と経験だなと思ってあんまり説明しなかったのですが

少しして見てみると、
さっきの女の子はもう次の飴にとりかかっていました。
ベンチに座って、
出来たての飴を美味しそうに舐めていたのが可愛かったです。


工具周りも賑わいを見せていて
当然のことながら、カナヅチは全て使用中。
ワタシは三歳くらいの女の子にせがまれて、
板を二枚組み合わせて座椅子のようなものをつくることに。

カナヅチ、ないね。どうしよう。
カナヅチか~し~て。
なんて言ったってすぐに回ってくるわけない

見回すと重さのある頑丈なペンチが。
打てれば何でも良いかということでカナヅチ代わりにすると
意外と塩梅よく・・・

そばにいた年長さんくらいの男の子が、
やはりカナヅチがなくて困っていました。

彼が「どうしたら良い?」というので
ワタシの経験をもとにペンチを勧めたところ、
ん〜つかえない!とのこと。
こっちのほうがやっぱいいや!という彼の工夫をみてみると、
釘抜きの底(湾曲している部分)を垂直にくぎの頭にあてていました。
なるほどね〜!

ワタシには思いつかんかった!!


何年生きていて、どんな経験を積もうと関係なく、
やっぱり何に相対しても
個人個人の視点を大切に、それを活かせるっていう場が、
とっても大事だなあと思いました。

今日もありがとう。

Lily
[PR]
by tppk | 2012-11-26 09:33 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(0)


Facebook
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
正)アプフェルシュトゥル..
by tppk at 21:00
今日もお味噌汁したよー ..
by まぁちゃん at 19:56
素敵だなぁ。 我が..
by まぁちゃん at 21:54
りりーちゃんいなくなっち..
by まぁちゃん at 19:44
彼女も忘れものかもしれま..
by まぁちゃん at 12:50
未来のプレーリーダーが育..
by まぁちゃん at 08:47
う~ん、やっぱり向こうか..
by まぁちゃん at 08:44
見とりましたよ~次女ちゃ..
by まぁちゃん at 17:21
これは「りゅうのひげ」も..
by まぁちゃん at 15:36
彼女は黙って飴付き棒を差..
by わか at 18:02
最新のトラックバック
リトルママってご存知ですか?
from リトルママは福岡主婦の味方
とよたプレーパーク
from 徳利お猪口の徒然日記
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
無料カウンター