とよたプレーパークの会が携わる冒険遊び場「プレーパーク」の様子や活動を紹介します★(とよたプレーパークの会は愛知県豊田市で活動している団体です)
by tppk

ホームページ
【とよたプレーパークの会】【プレーパーク】についての詳細は
こちらをご覧ください。
写真をクリックしてね!


携帯サイト
こちらをご利用ください

(cmanで作成しました)

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
4月28日
4月28日

春爛漫です。
豊田の市内のあちこちで、ツツジが美しく咲き乱れる季節ですね。 
朝晩はまだ少し冷えますが、みなさまどうぞご自愛くださいね。

生命がわーっと盛り上がってくるこの月が、四季のはっきりした日本では年度のスタートという感覚、なるほどなあと深く頷いてみたりします。 
プレパ会場へと続くチャレンジコースが、緑や花々、虫でにぎやかになってきました。 おひさまのちからもぐんぐん強くなって、立ち上る土と草のにおいやら、いつまでも顔のそばを離れない小さなコバエ(かな?)やらで、冬の間にすっかり忘れてしまった夏の記憶が少しずつ顔をのぞかせます。

そんなことをつらつら思いながら急な斜面を登りきると、ぱーっと視界が開けて大きな岩が左手に見えるのです。 あの開けた感じがとても好き。 チャレンジコース、登ってますか? ブログを書いていると、いつもココに触れたくなっちゃうんです。 ちょっとキツイ近道、それだけじゃないですよ〜! まさにプレーパークの表参道!

ゴールデンウィーク突入です。 来場者の方も、いつもより出だしが早く多めな感じ。
プレパ会場のシンボル的存在だった、大きなコナラの木が無くなってしまった今・・・太陽が力強くなる季節にかけては、いかに私たちをやわらかく守っていてくれたかが分かります。 この日は良いお天気だったので、日なたは本当にじりじりとお肌を直撃して暑い!!
シートやテントをフル活用して、みなさんの頭を守らねばなりません。

工具のそばでは子どもたちがすでに木工に熱中。 暑くても気にしない。 スゴイ集中力です。 小さな手を懸命に動かし、一心に創作に向かい合う姿がすてき。 なんだか見てて、とても平和な気持ちになります。
もちろん危険とは、常に隣り合わせですが、(真剣な遊びというのは全部そうなのかも)はらはらするより、リスペクトの気持ちで見ていられたらいいなあと思います。
大きなケガは、辛いからなるべくしてほしくないけど、痛みを経験することで注意するとか、やり方を変えてみるとか工夫ができるようになるのでしょう。 ケガにも意味があると思えると、少し楽になるのかな。

ウチの娘たちのことで恐縮ですが

上の子は今年3年生になりました。 プレーパークにお世話になり3年目。 ここに来ると必ず何か作るようになって、最初はまっすぐ打てなかった釘も、今では狭い、板の厚みの部分の感覚をつかんだようで、しっかりと板と板とをT字に打ち合わせることができるようになりました。 母の私より上手なんじゃないかな?

その間に、爪を打って血がにじんだり、のこぎりで手を切ったり、いろいろしていました。私は見ているとついやる気を削ぐような余計な事を言いそうだし、なにより自分がリラックスすることに集中したいから、基本的にチラ見程度でほったらかしてしまいます。 薄情な母です(^_^;) もちろん限度はあると思うけど・・・

でも長女が自発的に学んだことは、経験の財産として確実に積み重ねられているんだろうなあと思います。 親ですら与えることはできない部分です。 本人にとって一番必要な学びは本人にしか引き寄せることができないと、プレーパークに来るといつも実感するんですよね〜

三歳の次女も釘打ちしています。 この時期は、何か形にしたいというより、釘を打つ、コッパを切る、といった部分作業に魅力を感じているようです。 彼女もご多分に漏れず、プレパでなくてもしょっちゅうケガをしていますが、見てると意外としっかりとした手つきなんですね。 知らない間に何かを掴んでいるのでしょうね。
本当に、親が思う子どものキャパというのは、本来のそれよりずっとずっと小さなものなんだと思います。

おうちだとこどもとの距離が近すぎて目についてしまうから、(家事も増えるし・・・なんて自分の都合だけど)何でも好きにしていいよ〜!とは言いにくい部分もありますが、プレパでは遠慮なくできる。 親がちょっと心配を手放してのんびり構えていたら、あとはこどもが上手くやってくれると信じています。

「道具を勝手に使ってしまってますが、良いんでしょうか?」と恐縮しつつ話しかけて下さったお母さん。 初めて来場されたとのことですが、お子さんがすごく集中して木工制作をしている姿がとても意外だったみたいで、目を細めて見ておられました。 遠慮がちにも少しずつプレパの空気を楽しんで下さっている、その嬉しそうなお母さんの顔を見ていて、私まで幸せな気持ちにならせてもらいました。  

他にも初めての男の子ですが、べっこうあめをとても上手に作っていました。 
「簡単な大学イモのつくり方、知ってる?」と目を輝かせて訊いてくる彼。 それはそれは嬉しそうに。 
発見やできることが増えるのって、この上ない喜びなんだと思い出させてくれます。
そして綺麗なつやつやとしたあめの中に、焼き芋のかけらを絡めて私に手渡してくれたんですよ。 ホントだ!簡単。 美味しかった!!

そんなちょっとした嬉しい気持ちがプレパには充満しているのです。

みなさま、プレパでお会いしましょう。

今日もありがとう。

Lily
[PR]
by tppk | 2013-05-02 12:15 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(0)
<< 5月19日 お隣りのみよし市でもやりますよ~ >>


Facebook
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
正)アプフェルシュトゥル..
by tppk at 21:00
今日もお味噌汁したよー ..
by まぁちゃん at 19:56
素敵だなぁ。 我が..
by まぁちゃん at 21:54
りりーちゃんいなくなっち..
by まぁちゃん at 19:44
彼女も忘れものかもしれま..
by まぁちゃん at 12:50
未来のプレーリーダーが育..
by まぁちゃん at 08:47
う~ん、やっぱり向こうか..
by まぁちゃん at 08:44
見とりましたよ~次女ちゃ..
by まぁちゃん at 17:21
これは「りゅうのひげ」も..
by まぁちゃん at 15:36
彼女は黙って飴付き棒を差..
by わか at 18:02
最新のトラックバック
リトルママってご存知ですか?
from リトルママは福岡主婦の味方
とよたプレーパーク
from 徳利お猪口の徒然日記
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
無料カウンター