とよたプレーパークの会が携わる冒険遊び場「プレーパーク」の様子や活動を紹介します★(とよたプレーパークの会は愛知県豊田市で活動している団体です)
by tppk

ホームページ
【とよたプレーパークの会】【プレーパーク】についての詳細は
こちらをご覧ください。
写真をクリックしてね!


携帯サイト
こちらをご利用ください

(cmanで作成しました)

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
べっ甲飴 でっきあがり~!
12月18日、遅れて行ったプレパ。
今日も燻製のお父さん、やっておりました。
どうやら息子さんが、先月、はじめてこの場で出会った小学生兄妹と約束して、昨日から2日続けて来ているようです。
約束して来る小学生、それに応えるご両親、いいですね~。

落葉のプール出現。
おちびちゃんと母。
a0092455_22561353.jpg

ん?お母ちゃん襲われてる~?!
a0092455_2257961.jpg



小学生と母。
a0092455_22574630.jpg


まだまだいろんな子が、人がこのプールで泳いでました。
落ち葉プールに適正年齢なんてものはないんですね~。

他のメンバーから聞いた話。
今日初めて遊びにきた小学3年生の男の子。
しばらく一人でフラフラと遊んでいたのですが、
気がつくとこのプールの横で
常連2人(年長さんと2年生の男の子コンビ)となにやら話しておりました。
3年生、なぜか常連2人に「ここに顔を入れれる?」と。
「できるよ」とふつーに答えた年長君は、
立った姿勢からそのまま落ち葉にボスッと頭をつっこむ。
見ていた2年生も「そりゃできるでしょ」といった感じで特に反応なし・・・。

・・・このやり取りは、彼らにとってあいさつのようなものだったのかな~?
私も見たかった~。

べっこう飴
3歳の娘、1歳上の仲良しのおねいさんがやっているのを見たからか、
べっこう飴をやりたいと言い出した。
でも、「できないも~ん、おとうさんやって」と言ってお玉をお父さんに渡してしまう。
お父さん、砂糖と水を入れて彼女に渡すけれど、やっぱり「できないも~ん」と返されてしまう。
様子を見ていた母、父がやろうとするのを「やりたいなら自分でやりな~。」といってお玉を預かる。
(後でお父さんに、どうしてやってあげようとしていたのか聞いてみた。
答えは「何も考えとらんかった」と。そんなものなんですね。)


やってもらえないことがわかった娘、
諦めるかと思ったら、私からお玉を受け取り、自分で火に当て始めた。
網の上で。
と~っても火から遠い・・・。
a0092455_22585511.jpg



「煙で目が痛い~」と泣きそうになるのをどうするかなと思って見ていると、
彼女は目が痛くないようにと、顔だけ横を向いてやることを思いついた。
横を向きながら、お玉の中を拾った枝でかき回す。
時々確認はするけれど、横を向いているから、少しずつ網の端に寄って行って、火からさらに遠ざかる・・・。

ふと気がつくと、プレーリーダーのしげさんが「肘、焦げてない?」と確認してくれた。
お玉より肘のほうが火に近くなってたんですね~。
横にいたのに気がつかずにすみません。しげさんありがと~。

そして・・・「できた!!」
a0092455_22593315.jpg



どうみてもまだまだ透明な砂糖水・・・。
でも、彼女にとっては出来上がり!
初めて自分で作ったべっこう飴!
うれしくてうれしくて、周りの人に配る配る。

近くにいた来場者さんに。
a0092455_2301435.jpg


わかちゃんに
a0092455_2303818.jpg


しげさんに
a0092455_231263.jpg


まきまきに
a0092455_2312634.jpg


ん?リーダーさんみんなにあげてるのね。
他にも、歩き回って出会った人たちに、枝にべっこう飴ちゃんを付けて、「あーん」とあげておりました。
もちろん私ももらいましたよ~。

1年ほど前、やっと私から離れるようになった頃、
初めて自分でお玉を持ち、やっぱり顔を横に向けて網の上で頑張ったことを思い出しました。
あの時は完成しなかったんだよな~。

人がどう思う物でも、彼女自身が〝自分でべっこう飴を作った!”と思えた経験は、
彼女にとってすごく〝自信”になったことと思います。
彼女の満足げなあの表情が全てを物語っておりました。





さてさて、プレパにコーヒーコーナーができました。
a0092455_2323578.jpg

今までもご自由にどうぞだったのですが、
あまりにも分かりにくいので、
わかりやすいようにわかちゃんが用意してくれました。

大人のまったりコーナーとして、ゆったりとご利用ください。
どこで飲んでもらってもOKですよ~。

                        koma
[PR]
by TPPK | 2011-12-18 22:32 | 鞍ヶ池プレパ | Comments(1)
Commented by わか at 2012-01-07 18:02 x
彼女は黙って飴付き棒を差し出したので、アイコンタクトとりつつ、黙ってくわえてみた(笑)。
おいしかったよ。


気まぐれカフェコーナーづくりは、中学生&小学生子どもらが手伝ってくれた。
ありがたや。
<< 遊びが子どもを癒す 四角い箱の正体は・・・?! >>


Facebook
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
正)アプフェルシュトゥル..
by tppk at 21:00
今日もお味噌汁したよー ..
by まぁちゃん at 19:56
素敵だなぁ。 我が..
by まぁちゃん at 21:54
りりーちゃんいなくなっち..
by まぁちゃん at 19:44
彼女も忘れものかもしれま..
by まぁちゃん at 12:50
未来のプレーリーダーが育..
by まぁちゃん at 08:47
う~ん、やっぱり向こうか..
by まぁちゃん at 08:44
見とりましたよ~次女ちゃ..
by まぁちゃん at 17:21
これは「りゅうのひげ」も..
by まぁちゃん at 15:36
彼女は黙って飴付き棒を差..
by わか at 18:02
最新のトラックバック
リトルママってご存知ですか?
from リトルママは福岡主婦の味方
とよたプレーパーク
from 徳利お猪口の徒然日記
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
無料カウンター